So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

春の宝満山 (猫谷川 大谷尾根コース) [春の宝満山 (猫谷 大谷尾根コース)]

春の宝満山 (猫谷川 大谷尾根コース)

IMG_2019_02_24_8767.jpg
今年の福岡県では、春の訪れが早いような気がします。
3月の陽気に誘われ春の宝満山へ登って来ました。
宝満山は、福岡県の中でも最も登山者が多い山の一つで、
福岡市や大宰府からも近くアクセスしゃすく標高も829mと低山なので
気軽に登れて子供連れの登山者が多くいます。
多くの登山者は、一番人気のコース 竈神社からの登山になると思いますが
階段が多く学生の頃えらい きつい思いをした思い出がありトラウマになっておりました。
それゆえに宝満山に登ることなく見送ってきた山の一つでしたが、
今回は、竈神社からの登山では、なく裏側の
(猫谷川 大谷尾根コース)の登山の紹介です。
.
IMG_2019_02_24_8717.jpg
IMG_2019_02_24_8718.jpg
まずは、県道65号線の本導寺バス停前の道を曲がって行きます。
.
IMG_2019_02_24_8719.jpg
宝満山登山道の案内
.
IMG_2019_02_24_8720.jpgあ.jpg
道なりに進むと林道に出くわします
.
IMG_2019_02_24_8721.jpgい.jpg
オフロードですが かまわず進みます。
.
IMG_2019_02_24_8722.jpgう.jpg
林道の途中で適当に駐車出来る場所を探して駐車します。
.
IMG_2019_02_24_8723.jpg
IMG_2019_02_24_8725.jpg
分かりずらいですが、ここから登山開始です。
.
IMG_2019_02_24_8726.jpg
IMG_2019_02_24_8724.jpg
いつものアプリYAMAPを開きます。
いつもなら地図無しでも登って行ける山ばかりでしたが、
ここからの宝満山へのアクセスは、迷う可能性があるので登山用地図アプリをダウンロードして
登る事をおススメします。
.
IMG_2019_02_24_8727.jpg
最初は、私好みの山道がつづきます。
.
IMG_2019_02_24_8729.jpg
岩場
.
IMG_2019_02_24_8730.jpg
最初の分岐
山頂へと書かれていればそちらへ進みたくなるのですが
子供、キケン!?
今回は、大谷尾根コースへ進みます。
.
IMG_2019_02_24_8731.jpg
さらに進みます
.
IMG_2019_02_24_8733.jpg
なんとも分かりずらい案内板
.
IMG_2019_02_24_8734.jpg
分岐地点で地図アプリで確認
.
IMG_2019_02_24_8736.jpg
とりあえず宝満山へ
.
IMG_2019_02_24_8740.jpg
案内板が全くない分岐
ここは、自分の判断で右へ進みました
下山の時は、左側から降りてきます。
.
IMG_2019_02_24_8752.jpg
岩の登り
.
IMG_2019_02_24_8755.jpg
ロープが下がっている場所も
.
IMG_2019_02_24_8757.jpg
石垣が見えてきます
この辺りまで、人とすれ違ったのは一人だけです。
.
IMG_2019_02_24_8759.jpg
IMG_2019_02_24_8760.jpg
宝満山キャンプ場に到着です。
ここまで登ってくると多くの登山者います。
時刻は、12時15分
昼食を取り13時に山頂に向かいます。
.
IMG_2019_02_24_8762.jpg
山頂が見えます。
.
IMG_2019_02_24_8765.jpg
この鎖場を登り切れば山頂です。
.
IMG_2019_02_24_8766.jpg
宝満山山頂
標高829m
.
IMG_2019_02_24_8767.jpg
IMG_2019_02_24_8768.jpg
IMG_2019_02_24_8772.jpg
山頂からの眺め
.
IMG_2019_02_24_8769.jpg
山頂から見たキャンプ場
.
IMG_2019_02_24_8774.jpg
13時45分 下山開始です。
.
IMG_2019_02_24_8780.jpg
15時18分下山完了
今回の登山ルートは、私向きの山道でした。
また静かに登山されたい方には、オススメのコースです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年初登山 福智山(上野峠越ルート) [2019年初登山 福智山(上野峠越ルート)]

2019年初登山 福智山(上野峠越ルート)

IMG_2019_01_19_8660.jpg
2019年1月19日 今年一発目の登山は、福智山です。
気温は、8℃前後 天候は、晴れ絶好な登山日和
  (Wikipedia)

福智山は福岡県北部に位置する山で、北九州市、直方市、福智町の最高峰である。九州百名山のひとつに数えられ、福智山周辺は平尾台皿倉山同様に北九州国定公園に含まれている。

2006年に麓の方城町赤池町金田町が合併して誕生した「福智町」の名前は、福智山に因んで名付けられた。その秀麗な姿から「筑豊の盟主」と謳われ、多くの人々に親しまれている。福智山を水源とする福智川(後述の福地川とは別)は上野峡を形成し、白糸の滝といった名所がある。

山腹に広がる豊かな森林は、直方市を流れる福地川(前述の福智川とは別)の水源林として古くから維持されており、日本の水源の森百選にも選ばれている。

付近には九州自動車道福智山トンネル金剛山トンネルが貫いている。

かつて山頂付近はスキー場として紹介されていた。

 

IMG_2019_01_19_8663.jpg
無料の駐車場です。右手に綺麗なトイレがあります。
IMG_2019_01_19_8664.jpg
駐車場の手前の道を車でさらに上がって行きます。
IMG_2019_01_19_8666.jpg
一番上の駐車場へ車を駐めここから歩きです。
奥に見えるフェンスの間から登山口へ向かっていきます。
IMG_2019_01_19_8669.jpg
橋を渡り進むと案内板があります。
IMG_2019_01_19_8670.jpg
右に行くと 白糸の滝
左側へ向かうと福智山登山口へ
今回は、そのまま登山口へ向かいました。
IMG_6188aa.jpg
ちなみに以前訪れた時の(白糸の滝)
IMG_2019_01_19_8671.jpg
ここから登山開始
IMG_2019_01_19_8672.jpg
一番やさしい 上野峠越ルートで登って行きます。
IMG_2019_01_19_8673.jpg
最初は、この様な感じの登山道です。
IMG_2019_01_19_8679.jpg
岩場の付近
IMG_2019_01_19_8677.jpg
登って行く方向
IMG_2019_01_19_8680.jpg
砂防ダムの石の階段
IMG_2019_01_19_8681.jpg
慎重に足を進めて行けば迷う事は、ないと思われます。
IMG_2019_01_19_8682.jpg
林道に出て来ました。
ここで一服 ( ´ー`)フゥー...
ちなみに一般車両は、入れません。
.
IMG_2019_01_19_8683.jpg
ここをさらに登ります。
IMG_2019_01_19_8686.jpg
IMG_2019_01_19_8685.jpg
分岐へ出て来ました
福智山山頂と鷹取山山頂へ
IMG_2019_01_19_8687.jpg
気温は8℃ぐらい
福智山山頂へめがけて登って行きます。
IMG_2019_01_19_8692.jpg
木々の種類が変わってきます。
IMG_2019_01_19_8693.jpg
水場がありますが水は出ていませんでした。
IMG_2019_01_19_8694.jpg
IMG_2019_01_19_8695.jpg
山頂まであと一息
近くに山小屋とバイオトイレがあります。
IMG_2019_01_19_8696.jpg
IMG_2019_01_19_8697.jpg
ここまで来るとテンションが上がります。
IMG_2019_01_19_8701.jpg
福智山山頂
標高900.8m
IMG_2019_01_19_8699.jpg
IMG_2019_01_19_8700.jpg
IMG_2019_01_19_8705.jpg
IMG_2019_01_19_8704.jpg
山頂の眺め
.
IMG_2019_01_19_8706.jpg
山小屋で昼食
IMG_2019_01_19_8707.jpg
意外と綺麗な山小屋です。
IMG_2019_01_19_8708.jpg
IMG_2019_01_19_8709.jpg
筑前煮と卵がゆ
美味しかったのですが、少し物足りません。
IMG_2019_01_19_8711.jpg
笹の葉の道を進み元来た道を下山します。
IMG_2019_01_19_8712.jpg
駐車場まで下山完了
時刻15時20分
行動時間が約4時間でした。
次の山はどこにしますかね。ヽ(^o^)丿

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年福岡県から出雲大社初詣 [出雲大社初詣]

あけましておめでとうございます。

平成最後の初詣 出雲大社へ参拝してきました。

大国主神

大国主神(おおくにぬしのかみ)は、『古事記』に登場する日本神話の神である。国津神の代表的な神である(天津神の最高神である天照大神に対して国津神の最高神とされる)。出雲大社・大神神社の祭神。

祭神

1142年(康治元年)在庁官人解状に「天下無双之大廈、国中第一之霊神」と記された。神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり 神議が行われる(神在祭 旧暦10月11日 - 17日。出雲へ行かず村や家に留まる田の神・家の神的な性格を持つ留守神(荒神等)も存在しているので、全ての神が出雲に出向くわけではない。そのような神集への信仰から、江戸時代以降は文学にも出雲の縁結びの神様として現れるほどに、全国的な信仰を集めるようになった。

(Wikipedia)


IMG_0212.jpg
急な思いたちで、2019年1月2日平成最後の参拝に島根県出雲市にある出雲大社へ出かけて行きました。
1日の朝バタバタと用意をして、いざ島根県出雲へ
.
出雲大社2.PNG
出雲大社.PNG
.
出雲大社行き.PNG
片道400Kぐらいの道のりです。
.
IMG_0190.jpg
1月1日 12時13分 自宅をスタート
IMG_0193.jpg
今回は、全線高速道路を使わずに一般道路を交えて走って行きます。
関門トンネル門司側
.
IMG_0197.jpg
美祢西インターから中国自動車道へ
中国自動車道は、いつもながら 交通量は少なめ ただしアップダウンがあり
右へ左へと大きくカーブの連続ですので、スピードの出しすぎには、注意しましょう。
.
IMG_0195.jpg
IMG_0198.jpg
IMG_0199.jpg
IMG_0203.jpg
各サービスエリアで私がいただいたもの
牛串
尾道ラーメン
団子
抹茶とクリームのもみじ饅頭
牛串は、美味でした。(^O^)/
.
スナップショット 1 (2019-01-04 14-06).jpg
雪が残る中国自動車道この先 不安がよぎります。
この先三次インターで高速から一般道へ、国道54号及び県道峠越えになります。
.
IMG_0205.jpg
国道45号線に入ると雪が降ってきました。
や~な予感
.
スナップショット 2 (2019-01-04 14-10).png1.jpg
県道峠越え
路面は、雪で白くなり 極めて視界が悪い
加えてすれ違う車さえいない状況 
こえ~ょ~
.
スナップショット 2 (2019-01-07 21-43).png
なんとか無事に出雲大社へ到着
時刻は、20時20分
参拝時間を過ぎてしまいました。(-_-;)
.
IMG_0206.jpg
結局この日は、参拝せず
JR松江駅まで移動 ステーションホテル25へ一泊
車中泊も考えましたが、9時間以上走り続けてきたので、暖房が効いた部屋で
手足をのばして眠れるのは、有難い
ステーションホテル25 http://www.sauna25.com/
.
IMG_0211.jpg
ホテルを出て、7時20分出雲大社へ到着
.
IMG_0210.jpg
この時間は、人も車もまばらで、すんなりと駐車場へ
.
IMG_0212.jpg
出雲大社の鳥居をくぐり参道へ入ります。
.
IMG_0214.jpg
11.PNG
参道の途中に小さな社があり 後でわかったことですが
祓社(はらえのやしろ)と言って、心身を清めてから出雲大社へ
私は、知らずにスルーしてしまいました。
.
IMG_0217.jpg
IMG_0216.jpg
出雲大社の手水舎
.
IMG_0218.jpg
出雲大社の拝殿
それなりの風格があります。
ここに 大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)様がおられるそうです。
.
IMG_0219.jpg
左手に目を向けると、社務所らしき建物が見えます。
新築仕立ての感じがしました。
.
IMG_0220.jpg
やはり神社に参拝に来たら おみくじをひかねばなりませんよね。( ^^)
.
IMG_0221.jpg
????
第十三番てなに?
.
IMG_0223.jpg
(神楽殿)
神楽殿は本来、千家國造家(出雲大社宮司家)の大広間として使用されており、「風調館(ふうちょうかん)」と呼ばれていました。明治に入り、出雲大社教が設立されてからは出雲大社教の神殿としても使用され、現在では國造家大広間、並びに出雲大社・出雲大社教の神楽殿として御祈祷や結婚式をはじめ様々な祭事行事が執り行われています。
出雲大社ホームページより http://www.izumooyashiro.or.jp/about
.
IMG_0225.jpg
IMG_0226.jpg
「ムスビの御神像」
歩いていると「ムスビの御神像」なるものがあります。
日本海の荒波に乗ってやってきた「幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)」といった「魂(たましい)たち」が、大国主神の前へ現れました。
古事記の中に お話があるようです。
.
IMG_0227.jpg
IMG_0229.jpg
ウサキもいっぱいいました。
因幡の白兎ですかね。
.
IMG_0236.jpg
帰るころには、来た道は、渋滞
正月2日 有名な神社の参拝は、早朝早く来るのが吉ですかね。
.
IMG_0238.jpg2.jpg
島根県の峠越えは、雪が積もっていました。
福岡県民にとっては、興奮状態
.
IMG_0240.jpg
後は、ひたすら国道2号線を福岡へ向けて走り
走行距離凡そ片道400Kの 道のりでした。
ふぃ~~疲れた。(>_<)
皆様に 今年は、いい年でありますように。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

地元の山 帆柱連山 皿倉山 [帆柱連山]

皿倉山(さらくらやま)は、福岡県北九州市八幡東区にある標高622mである。権現山、帆柱山、花尾山などと共に帆柱連山を形成し、北九州国定公園の一部を成す。

Wikipedia より

00001659.JPG
私の住む町 地元の山 皿倉山そこに位置する帆柱連山の紹介です。
2018年11月23日 勤労感謝の日 久しぶりに地元中の地元の山 皿倉山へ登ってみました。
00001602.jpg登山口.jpg
スタートは、花尾登山道入り口
ここは、花尾城跡で「めくみの森」コースと呼ばれています。
注意! 駐車スペースは、この二台分しかありません。
00001605.JPG
少し登山道を進んで行くと、分岐(東登山道と中登山道)中登山道を選択
00001607.jpg
00001608.JPG
登って行くと まずは、ヤグラ台跡が現れます。
休むことなくサクサクと登って行きます。
00001610.JPG
さらに進んで行きます。
00001611.jpg
00001612.jpg
00001615.jpg
00001618.jpg
四ノ丸 三の丸 二の丸へて山頂 本丸へ登って行きまます。
00001620.jpg
分岐  左に行くと花尾山頂 右に行くと皿倉山 帆柱山へ
ここは、左花尾山頂へ向かいます。
00001624.jpg
00001626.jpg
花尾山山頂
00001627.jpg
後ろに目を向けると、皿倉 権現山が見えます。
00001628.jpg
スタートしてからおおよそ30分で山頂到着。
元来た道を戻り先ほどの分岐地点を右側 皿倉方面へ進みます。
00001633.jpg
00001634.jpg
山道を進んで行くと帆柱山への分岐
帆柱山へ足を進めます。
00001635.jpg
00001636.jpg
分岐から10分ほどで帆柱山頂へ到着
時刻12:20分
00001638.jpg
山頂からの眺めは、木々が多くてあまりよろしくは、ないでね。
00001643.jpg
再び皿倉山方面へ進むと、九州自然歩道に出て来ます。
左側へ行くと皿倉平 皿倉山へ
ここは、右に折れて権現山へ向かいます。
00001645.jpg
九州自然歩道を少し歩いて行くと、左手に鳥居が見えてきます。
鳥居をくぐって権現山山頂へ登って行きます。
00001646.jpg
00001647.jpg
権現山山頂には、鷹見神社上宮があり
ここで、二礼二拍一礼
山頂権現山.jpg
13:00分 権現山山頂到着
広々していて気持ちがいいです。
00001651.jpg
権現山山頂からの眺め
木々が伐採されており展望は良くなっていました。
IMG_0107.jpg
IMG_0110.jpg
ここで、昼食
アルファ米の炒飯とワンタン&野菜ジュース
IMG_0109.jpg
この日は、とても寒く
なんと気温5℃
00001653.jpg
14:05分
舗装道路を下りて皿倉山へ向かいます。
00001655.jpg
皿倉平 
真正面に皿倉山頂 右側が皿倉林道
昔は、四駆で河内まで行けたのですが、今は一般車両は、通行止。
しかし歩いて行くことは、出来ると思われます。
河内天然温泉あじさいの湯へ行かれるのならば、林道を下りられた方が早いかもしれません。
河内天然温泉あじさいの湯 http://www.souyu.co.jp/ajisai/
.
00001656.jpg
皿倉山ビジターセンター
この中で帆柱自然公園の情報を発信します。
00001657.jpg
後は、この様な階段をひたすら登って行きます。
00001658.jpg
皿倉山 山頂到着 時刻14:29分
ここ皿倉山は、ロープウェイとスロープウェイで気軽に登ってこれます。
00001660.jpg
00001662.jpg
北九州の市内が一望でき
また夜の夜景スポットでもあります。
00001661.jpgココア.jpg
寒空の下で、あったかいココア
うまい!
00001664.jpg
山頂レストラン
00001666.jpg
久しぶりにスロープウェイに乗り皿倉平まで下ります。
(大人 片道 200円)
00001667.jpg
00001654.jpg
皿倉平 右は車道なぜか通行止め
左側の九州自然歩道を通って花尾登山道をひたすら戻ります。
00001670.jpg
スタート花尾登山口10:40⇒花尾山11:20⇒帆柱山12:20⇒権現山13:00~14:05⇒皿倉山14:29~14:57 ゴール花尾登山口16:19  行動時間 5時間32分
一日かけて歩き回るのも けっこう楽しいものです。
皿倉山だけならば、登山者じゃなくてもケーブルカーやスロープウェイで、気軽に登れます。
北九州市八幡東区皿倉山ホームページ http://www.sarakurayama-cablecar.co.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋の平尾台 貫山 [平尾台]

2018年10月 秋の平尾台 貫山登山の紹介です。


平尾台(ひらおだい)は福岡県北東部に位置する、北九州市小倉南区、行橋市、同みやこ町に跨る標高370~710m、台上面積約12km2の結晶質石灰岩からなるカルスト台地であるが、東北部の一帯はカルスト地帯ではなく、花崗閃緑岩からなる。小倉南区の地名でもある。国の天然記念物に指定されている。


最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。

Wikipedia


00001487.JPG
カルスト台地を抜けていき
茶ヶ床園地登山口へ向かいます。
00001493.JPG
00001490.JPG
茶ヶ床園地の駐車場は、すでに満車状況
なんとか空きスペースを見つけそこへ駐車。
00001492.JPG
ここから貫山へ向かいます。
00001497.JPG
何度か来た来た道のりですが、YAMAPアプリを起動。
00001498.JPG
車は、入れませんが、舗装道路をしばらく登ります。
00001499.JPG
振り返ると、茶ヶ床園地の駐車場
我がジムニーも小さく見えます。
00001500.JPG
カルスト台地を眺めながら登って行きます。
00001501.JPG
この日は、晴れたり雲がかかったり
00001503.JPG
00001505.JPG
ここから舗装道路とお別れして、登山道へ。
00001506.JPG
似たような風景ですが、案内板を確認していけば迷う事は、ないと思われます。
00001510.JPG
軽くアップダウンを繰り返しながら道はつづきます。
00001514.JPG
ススキの向こうに四方台が見えてきました。
00001512.JPG
ススキの中を歩いて行きます。
ここは、けっこう楽しい。
00001513.JPG
00001538.JPG
ススキの平原
00001518.JPG
四方台が見えてきました。
00001521.JPG
四方台 その向こうに見えるのが、貫山。
00001526.JPG
これを登り切れば貫山 山頂
見た目よりも傾斜角はきついです。
00001529.JPG
00001530.JPG
00001531.JPG
山頂
00001532.JPG
山頂では、空が青く気持ち良かったですね。
00001534.JPG
00001535.JPG
山頂からの風景
北九州空港が見えます。運が良ければ飛行機の離発着が見れるかもしれません。
00001541.JPG
帰り際に空を見上げると、パラグライダーが、ふわふわと空を回っていました。
楽しそう~
00001554.JPG
00001551.JPG
00001549.JPG
山では、秋が来ています。

タグ:貫山 平尾台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゴンドーシャロレー夏のソロキャン [ゴンドーシャロレー夏のソロキャン]

平成30年 2018年 8月 熊本に夏のソロキャンに行ってきました。


今年の夏は、異常に暑い (-_-;) そもそも私は、暑いのは苦手。

なので私は、夏の時期は、空調が効いている家でぐったりしていることが多いのです。

しかし今年は、仕事の都合がとてもよく 6連休が取れました。

加えて懐ぐわいもよく、(この文章を書いている時点では、金欠状況)思い切ってソロキャンプへ出かけて行きました。

いろいろあるキャンプ場の中で選んで行ったのは、ゴンドーシャロレー(キャンプ場)


00001377夜.jpg


ゴンドーシャロレー

〒869-2402
熊本県阿蘇郡南小国町大谷山6338
TEL.0967-44-0316
FAX.0967-44-0316

http://gondo-cr.net/auto-camp.html

 ゴンドーシャロレーキャンプ場は、とても広くいくつものキャンプサイトがあるみたいで、夏のシーズンは、多くのキャンパーの方たちが各々にアウトドア ライフを楽しまれていました。

筋湯温泉の近くで温泉も堪能でき、九重連山が近く長者原登山口や牧の登山口などにアクセスしやすく 登山者の人たちもここを拠点で動き回るのもいいかもしれません。

00001279受付.jpg
受付を済ませて、キャンプサイトへ
00001282.jpg
00001281.jpg
ソロキャンプなので、出来るだけ人が少ないサイトへ案内してもらいました。
奥に家族ずれで、キャンプを楽しむキャンパーが1組いました。
スナップショット 4 (2018-08-14 18-44)温度1.png
30度越えの連日でしたが、ここキャンプ場では、25度 これは、涼しく感じられます。
スナップショット 1 (2018-09-23 22-28).png
今晩のキャンプ飯は、天ぷら
スナップショット 2 (2018-08-14 18-26).png
揚げたて天ぷらと、ビール、 う~旨いヽ(^o^)丿
スナップショット 5 (2018-08-14 18-58)夜 温度2.png
日が落ちて、夜のひと時✩
気温は、グッと落ちて21度
スナップショット 2 (2018-09-23 22-47).png
キャンプ場の夜空は、星が満点で、 カメラを放置して、インターバル撮影
00001377夜.jpg
インターバル撮影の一枚。
街中ではなかなか見れない天の川銀河。
キャンプの状況は、YouTubeにアップしています。
スナップショット 1 (2018-09-23 23-28).png
キャンプ場の朝。
8月の朝で19度は、涼しいです。
夜が明ける少し前では、15度ぐらいまで下がっていました。涼しいと言うより寒い(*_*;
スナップショット 2 (2018-09-23 23-29).png
00001284.jpg
朝食
白ごはんに、赤だし味噌汁(野菜具沢山)
熊本名物からし蓮根、
スキレットで、ソーセージ目玉焼き。
いただきます。
スナップショット 4 (2018-09-23 23-31).png
00001287.jpg
このゴンドーシャロレーキャンプ場は、オフロードコースがありオフローダーの人や四駆乗りの方には、おすすめです。
ノーマルジムニーで軽くオフロードコースを走ってきました。
00001286オフ1.jpg
ゴンドーシャロレー夏のソロキャン!!
皆さんもいかがですか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初めての久住山 [久住山]

00001253.jpg
2018年7月の久住山へ 登ってきました。
I climbed Kusumi in July 2018.
.
梅雨明けの暑いさなか九州では、一番人気の九重連山の中で二番目に高い山 久住山へ 登って来ました。
前々から一度は、登ってみたかった山の一つで、久しぶりの連休で くじゅうへ出かけて行きました。
西日本豪雨で登れないのでは ないかと心配しましたが、 事前情報収集ではその様な情報は無く予定どおり登山を決行しました。
.
久住山は、大分県竹田市にあり九重山を形成する火山である。山と渓谷社選定の九州百名山 日本山岳会東九州支部選定の大分百山などに選ばれている。また、九重山として、深田 久彌、(ふかた きゅうや)選定の日本百名山に選ばれている。
(Wikipedia より)
.
.
00001176.jpg
いつものように大分県九重へ向けて高速道路をひた走っています。
今回は、東九州自動車道の一部区間が通行止めなので、九州自動車道.大分自動車道へて九重インターへ
 
あ! 運転中の写真 パシャリは、いけません。[m(_ _)m]
.
00001180.jpg
今回は、牧の戸登山口から登山を開始です。
6時30分頃の牧野峠レストハウスの駐車場は、すでに満車。
.
00001178あ.jpg
たまたま一台だけ空きスペースを見つけそこえ駐車
ラッキー(#^.^#)
.
00001181.jpg
レストハウスのお店。
ここのソフトクリームは、美味しいと有名 帰りにいただくとします。
.
00001179.jpg
00001182.jpg
7時に登山開始。
今回は、牧の戸登山口~久住分かれ~九重山~中岳の予定でしたが、時間と体力の問題で中岳には登りませんでした。
.
00001183.jpg
00001184.jpg
牧の戸登山口ここからスタート
よそ様のブログなんかで よく見られる写真です。
.
00001185.jpg
登山届
これは、必ず出しておきましょう。
見ていると登山届を出さずに登られている方もいます。ここは、火山群の総称であります。
.
00001193.jpg
まずは、コンクリート舗装された樹林帯を登って行きます。
私は、このコンクリートの登りが意外にきつく感じました。登り始めでもあるのでペースがつかめず 登山や山歩きなど最近サボっていたので、体かなまっていました。
.
00001194.jpg
20分で展望台到着
一回目の休憩ポイントです。
.
00001199.jpg
00001195.jpg
車を駐車した牧の登山口が見えます。
.
00001196.jpg
三俣山が奥に見えます。
.
00001198.jpg
奥に見える道を登って行きます。
.
00001203.jpg
00001204.jpg
久住山まで、3.1kmだそうです。
.
00001206.jpg
途中で時折気温を測って行きましたが、日陰で平均25℃ぐらいでした。
天気予報では連日猛暑で30℃越えですが、ここは湿度が低く涼しく感じました。
.
00001207.jpg
途中から岩場がつづきます。
.
00001208.jpg
00001209.jpg
途中の景色です。
.
00001210.jpg
とんぼ
.
00001212.jpg
これから歩いて行く山道が見えます。
.
00001218.jpg
二回目の休憩ポイント
.
00001220.jpg
00001221.jpg
青い空 白い雲 照り付ける太陽 この日はとても空が青かったです。
.
00001223.jpg
分岐です。右側が扇ケ鼻 左に進むと久住山
.
00001224.jpg
向かって右側か登って来ました。
左側に行くと扇ケ鼻
.
00001226.jpg
時刻は9時およそ2時間
.
00001225.jpg
久住山へ向けて歩いて行きます。
.
00001228.jpg
2つ目の分岐 直進すると星生山 右側が久住山へ進みます。
.
00001232.jpg
この辺りは岩や石ころが無く平らで歩きやすいですね。
.
00001235.jpg
こちらの写真もよく見る写真です。
久住分かれ避難小屋です。ちなみにこの下り坂は、けっこうきついです。
.
00001237.jpg
右側が避難小山 左側がトイレです。
トイレは、一回100円が必要です。
.
00001238.jpg
00001239.jpg
9時40分
2時間40分でここまで来ました。
( ´ー`)フゥー...
.
00001241.jpg
00001240.jpg
避難小屋の中の状況です。
お世辞にも綺麗とは言えません 故にこの中で休まれている方はいませんでした。
.
00001243.jpg
皆さん各々に最後の休憩をされています。
.
00001248.jpg
これを登りきれば、久住山 山頂
.
00001251.jpg
あともう少し
.
00001253.jpg
とうちゃく~ (^O^)/
久住山 山頂 標高1786.5m
.
00001255.jpg
00001256.jpg
00001257.jpg
久住山 山頂からの眺め
.
00001258.jpg
10時49分
牧の登山口から凡そ 3時間50分で山頂に到着しました。
この後早めの昼食をとり1時間後ぐらいに 下山を開始。
.
00001265.jpg
00001266.jpg
PM2時44分 牧の登山口へ下山完了
.
00001267.jpg
お約束のソフトクリーム  この日は、甘くて冷たいものがとてもうまい!
この後 車の中で小一時間ほど仮眠を取り 福岡へ帰路につきました。
今回初めて久住山に登りましたが、道に迷うことなく山頂までたどり着けると思います。山道は、岩や石ころが多く少し歩きずらさは、感じられますが、 とても見晴らしがよく楽しめる登山ができると思います。
今度来るときは、もう少し涼しくなってからかな
.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

九重 吉部登山口~坊がつる キャンプ [九重吉部登山口~房がつるキャンプ]

2018年5月ゴールデンウイーク 坊がつるソロキャンプに行ってきました。
今年1月房がつるに行くも わけあって断念 (九重 長者原~房がつる 法華院)
そのリベンジとゆうわけで、いざ 坊がづるキャンプへ。
.
image1b.jpg
前回と同じように東九州自動車道を走り 九重へ
遠くから朝日を眺めながら パシャリと・・・・ん!? ソロなのにこの写真は・・・
.
00000579.jpg
今回は、吉部登山口から坊がつるへ登って行くべく大船林道へ
.
00000580.jpg
00000581aa.jpg
駐車場は、すでに車が十数台ほどに
駐車場料金1日300円 一泊500円
.
00000584.jpg
deuter 60Lザック 17Kありました。
これを背負って房がづるへ登って行きます。
.
00000585.jpg
大船林道を歩いていくと吉部登山口 入口が見えてきます。
ここは使わずに
この先にもう一つ先の登り口へ向かいます。
(滝を見るには、このルート)
.
00000586.jpg
00000587.jpg
吉部登山口を無視し大船林道を さらに歩いていくと、林道のゲートが見えてきます。
前方歩いている人は、駐車場で一緒になった 同じ福岡から来られたベテランのおじさんたちです。
この先坊がつる まで案内してもらうことになりました。
大変お世話になりました。
.
00000588.jpg
ベテランおじさん曰く 坊がつるまで3っのルートが、有るそうです。
一つは先ほど見た登山口 そこは、急な登りが有り重いザックを背負って上るには、大変だよと。
もう一つは ゲート前の橋を渡り川沿いを登るルート
今回はゲートをくぐり抜けて 林道をさらに登って行き3番目のルートを行きます
そこからのルートが一番登りやすいよと、ベテランおじさんが言ってました。
ちなみに 林道をそのまま歩いても行けます。
.
image1e.jpg
3分~4分林道を歩いて行くと坊がつるへ上がって行く山道が現れます。
右側が林道 左側の山道を登りていきます
注意ポイント その1  注意していないと見逃します。
.
00000590.jpg
小さな 坊がつるへの案内表札が有ります。
.
00000589.jpg
ベテランおじさんたちは、 ここ ここと登って行きます。
.
00000591.jpg
この様な山道を登って行きます。
基本 林道業者の使っている道だそうです。
.
00000592.jpg
注意ポイント その2
山道を登っていくと分岐地点へ
表札は 無くリボンが括り付けているだけで  向かって右側へ進みます。
ここも注意していないと見逃してしまいます。
(わかりづらい写真で申し訳ない。)
.
00000593.jpg
ベテランおじさんは、チャチャと歩いて行きます。
00000594.jpg
右側へ進むと坊がつるへの表札が有りました。 「ん~・・・・分かりづらい!」
.
00000595.jpg
しなやかな山道です。
.
00000597.jpg
00000596.jpg
暑くもなく 寒くもなく 最高に気持ちがいい (^o^)
.
00000598.jpg
登って行くと再び林道へ出て来ました。
00000600.jpg
林道は、行き止まりになっています。
この林道は、大船林道の破線だそうです。
.
00000599.jpg
注意ポイント その3
林道の反対側の斜面に案内板
ここを登って行きます。
.
00000601aa.jpg
ベテランおじさんたちは、ここで休憩
私は、17kのザックを背負っているため 先行していきます。
.
00000603.jpg
リボンを目印に慎重に一人で登って行きます。
.
00000604.jpg
あっという間に追いつかれました。
.
00000608.jpg
そうこうしているしていると、後ろから子供連れの団体さんが合流。
.
00000610.jpg
犬も いた
.
00000609.jpg
私「ゴールデン ?」 子供 「ラブだよ!」
私 {ん~ 違いが判らない}
.
00000611.jpg
ベテランおじさん さらに進む
.
00000613.jpg
そうこうしているしていると、山道の向こう側にピンク色の花が見えてきました。
.
00000614.jpg
ベテランおじさん 「花を見に行こう」「ミヤマキリシマが咲いているから」
私 「え!? 何が咲いているて?」
ベテランおじさん 「ここを降りて行けば 向こう側へ渡れるから」
私 {え~・・・・本当に降りて行ってる~}
.
00000615.jpg
ベテランおじさん あっという間に反対側へ
.
00000616.jpg
(ミヤマキリシマ)
00000621.jpg
00000617.jpg
(ミヤマキリシマ)?
すみません 植物には、詳しくないもので。
.
00000623.jpg
ベテランおじさん 元の道に戻らずこのまま林の中を歩いて行きます。
ベテランおじさん 「大丈夫だから」
私 {大丈夫? ここ道じゃないよね!}
私一人だったら 絶対に迷います。
.
00000624.jpg
向こう側に道が見えるも 前へ前へと進んで行きます。
.
00000625.jpg
やっと まともな道へ
.
00000626.jpg
00000627.jpg
大船林道へ出て来ました。
あのまま 山道を登って行くと再び大船林道と合流するそうです。
子供連れの団体様と再び合流です。
.
00000630.jpg
00000631aa.jpg
法華院さんの駐車場
.
00000633.jpg
川と橋が現れます。
.
00000634.jpg
鳴子川だそうです。
.
00000635.jpg
鳴子川
.
00000637.jpg
00000638.jpg
左側の道が本来の吉部登山道 (暮雨の滝へ) 
右側の道が大船林道 登ってきた道です。
.
00000639.jpg
視界が開けてきます。
そして 青い空
.
00000641.jpg
後は、ひたすら林道歩きです。
ベテランおじさんは、かなり先行していっています。
.
00000643.jpg
遠くに長者原から登ってくるルートが見えてきました。
.
00000645.jpg
坊がつるのキャンプ場が見えてきます。
あともう少し
.
00000649.jpg
坊がつるキャンプ場到着です。
.
00000651.jpg
広いフリーサイトのキャンプ場。
.
00000650.jpg
トイレ
.
00000656.jpg
炊事場
.
00000657.jpg
00000658.jpg
清潔で広い炊事場です。
.
00000660.jpg
避難小山もありました。
.
00000661.jpg
00000662.jpg
中で ごろんと してたら とても気持ちよく寝てしまいそうでした。
.
00000652.jpg
朝から背負いつづけていたザックを下ろします。
あ~背中が軽い
.
00000664.jpg
テントを張って ひと休み
この時点で ベテランおじさんたちとはお別れしました。
分かれる前に 近くの山へ登るルートを教わったのですが、一眠りしていたら2時間ほど爆睡
目が覚めたら 3時頃でした。
.
00000665.jpg
仕方がないので テントの中に荷物をいれて 法華院の温泉に浸かりに行きます。
.
00000667.jpg
こちらは、法華院のキャンプ場
サイト料金は、たしか300円だったような?
.
00000670.jpg
法華院温泉山荘
入浴料金 500円
この日は、ゴールデンウイーク温泉は、混雑していました。
それでも温泉は、気持ちよかったですよ。
.
00000671.jpg
ビールとおつまみ 翌朝のカップメンを購入して 房がづるキャンプ場へ戻ります。
このあと アルファ米と水餃子で一杯やりながら夜が更けていきます。
.
IMG_3002.jpg
日が暮れると 一気に気温が下がり 最低気温が5~6℃ぐらいでしたでしょうか。
.
image1c.jpg
翌朝 5時半頃起床
昨日と打って変わって 曇り空 雨が降りそうな感じの空模様
予定では、しばらくここでのんびりと 過ごす予定でしたが、とっとと朝食を済ませて撤退の準備にかかります.
朝食は、カップメンにトマトスープ
食事を終えて テント内で片づけていると雨が降ってきました。
.
image2c.jpg
雨の中坊がつるキャンプ場を後にして 元来た道を戻ろうしていたら
あっという間に 雨は上がり晴れてきました。
{何なんだろう}
おまけに 林道から山道へ下りる道を見失い
林道を永遠と歩いて下山するはめに。
.
image1.jpg
それでも なんとか吉部登山口駐車場まで下山出来ました。
.
image2a.jpg
7時頃坊がつるを出て 10時半 吉部登山口駐車場に到着
林道だけでも 下山の場合およそ3時間半で下山出来ました。
今回のルートは、長者原からよりもアップダウンが少なく 房がづるでキャンプするならこのルートがオススメ
マイナス点は、見所が少なく 初めてだと道に迷うかもしれません。
.
法華院温泉山荘 ホームページ http://hokkein.co.jp/
法華院温泉山荘 Twitter https://twitter.com/hokkein

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018年05月06日のつぶやき 2018/05/07


nice!(0)  コメント(0) 

2018年05月05日のつぶやき 2018/05/06


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -